php
php
php
Arrow
Arrow

sample.phpを修正してPHPを動かしてみることにしましょう。ソースコードを修正して動かします。PHPなどのように、テキストファイルとして処理を書いて実行するタイプのプログラミング言語では、記述したプログラムリストのことを「スクリプ卜」と呼びます。ここでは、実行する処理がl行だけのスクリプトを作成したというわけです。「PHPのスクリプ卜を動かす」という場合、大きく分けて2通りの方法が考えられます。1つは「直接スクリプトをPHPのプロクラムで実行する」方法、もう1つは「WebサーバーでPHPファイルを公開し、Webブラウサーからアクセスして実行する」方法です。

基本的にWebにスクリプトを公開して、Webサーバー上で実行させるということを中心にみていきます。Webサーバーで、動かすことを考えていきましょう。作成したsample.phpが選択された状態で、<実行><実行>メニューから<PHP Web Page>というメニューを選択します。

メニューを選ぶと、デフォルトのWebサーバー設定を使ってアクセス先のURLを確認するダイアログが現れます。ここには、以下のようなURLがあらかじめ設定されているはずです。

今回、作成したプロジェクトは、XAMPPの公開ディレクトリであるhtdocs内の「pdt」フォルダに保存します。これにより、「pdt」フォルダそのものがプロジエクトのフォルダとなり、この中にすべてのファイルが作成されることになったわけです。

実際に、「htdocs」内に作成した「pdt」フォルダを開いてみてみましょう。プロジェクトに作成したsample.phpファイルがコピーされているはずです。XAMPPに内蔵されているApacheHTTPサーバーもそうですが、一般にWebサーバーというのは、公開されたディレクトリがそのドメインのルート(一番もとになる場所)となり、その中のディレクトリがドメインの後につけられた形でURLが構成されます。