previous arrow
next arrow
Slider

Web制作では、スタート前の情報共有のため発注者と制作側の間で行われるヒアリング。そのための事前準備として、制作者側ではWebサイトの趣旨など、確認しておきたいことをできる限り書き出し、内部でも協議できる場を設けてその内容の整合を取っておく必要が指摘されています。

その中にはWebサイト特有ともいえるハード上の検討も忘れず盛り込んでおく必要があります。例えば、対応するシステムの全体構成からサーバなどの個別構成、さらにURLはディレクトリやファイル名のルール化、外部ファイル仕様、端末やWebデザイン、SEO対策、タイトルなどのHTMLやCSSの記述ルール等々検討しておくべきことは多々あり。

最初にガイドラインを決めておくかどうかで後の作業の進捗にも大きく影響してくると言われています。確認すべきこと、不明なことなどはっきりさせる良い機会でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です