previous arrow
next arrow
Slider

たとえばWEBサイトの「タイトル」が、テキストコンテンツの途中に配置されていたら本来は「タイトル」であっても、ユーザーさんたちには「タイトル」であることが分かりずらいと思いませんか。タイトルの文字は「タイトル」としてのレイアウトに配置されることで、多くの人びとにその文字情報が「タイトル」であることを示しているのです。HTMLは、文字や画像、イラストなどの個々の情報をWEBサイトを構成する上であるべき場所に配置させるための司令塔のような存在なのです。皆さんがHTMLを使用してこの文字情報は、「タイトル」として認識しやすい場所に配置するようにHTMLに働きかけますと、HTMLはWEBのブラウザ上に、皆さんの支持を伝える役割を果たしてくれます。HTMLに慣れ親しんでいない人びとは、HTML文書を宇宙言語のような感覚で捉えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、HTMLの役割を理解するなかでWEBサイトのしくみの基礎が垣間みられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です