php
php
php
Arrow
Arrow

PHPとデータベースの基本的な知識が身についたら、簡単なプログラムを作るぐらいの知識はあるといえるそうです。ただ、PHPとというのは本格的なプログラムを作るのはとても大変だそうです。学ぶこともたくさんあるそうです。次の一歩というのに大切な知識というのがあるそうです。PHPとMySQLが動く環境の構築、PHPの文法、DBのしくみ、といったものだそうです。基礎知識だけではカバーできない実制作で必要な知識として、ライブラリ「PEAR」の利用方法、MVCモデルの考え方、フレームワーク「CakePHP」の利用方法だそうです。現代のプログラムというのは、「オブジェクト指向」が一般的だそうです。効率よく、大規模なプログラムを作ることができるオブジェクト指向の基本というものがあるそうです。「$xmlTree->channel」というのが、オブジェクト指向と呼ばれるプログラム開発手法の考え方だそうです。すでにJavaScriptやFlashのActionScriptなどでは採用されている考え方だそうです。大規模なプログラムなどを作るときに整理しやすいということやプログラムの再生利用性というのも高いということがいわれているそうです。PHPでも、5.0からはオブジェクト指向が取り入れられているそうです。標準で装備されているファンクションなどを使ったプログラムというのでは、あまりオブジェクト指向というのは意識されていなかったそうです。ライブラリやフレームワークを利用すると、オブジェクト指向は取り入れられているそうです。まず「->」を使った記述方法というものがあるということを覚えておいた方がいいそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です