php
php
php
Arrow
Arrow

メッセージに返信機能をつけてみるのもいいそうです。返信の場合はURLのパラメーターに「res」というパラメーターを指定するそうです。「$REQUEST[‘res’]」または「$_GET[‘res’]」に返信先のID」が指定されることにするそうです。これを判定してSQLを作るそうです。SQLの内容は、「p.id=9」などの条件を加えることで、1件だけ取り出せるようなSQLになるそうです。こうして取り出したデータを使って標準のメッセージを作り出すそうです。これを<textarea>要素の初期値に設定するそうです。これで完成だそうです。個別の画面を作るのは、一覧画面を応用すればとても簡単にできるそうです。URLパラメーターの「id」が正しく指定されているかどうか検査するそうです。なければトップページへ戻るようにするそうです。これで不正な呼び出しを防ぐそうです。「id」が正しく指定されていれば「$_REQUEST[‘id’]」にそのIDが指定されていることになるそうです。これをSQLで指定してデータベースから取り出すようにするそうです。「index.php」からほとんどコピーして使うそうです。「index.php」では「while」構文を使って全件を取り出していくそうですが、この場合は「if」構文にするそうです。「mysql_fetch_assoc」が正しく戻り値を返してくれたら、それを画面に表示するそうです。もし結果がなければエラーメッセージを主力するそうです。これは、メッセージが削除された場合やURLが間違えていたりする場合の対処だそうです。これらのことに注意しながら、個別画面を作っていくそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です