php
php
php
Arrow
Arrow

文字列の処理にはいろいろな種類がありますが、まずは基本的な文字列処理から見ていきましょう。文字列の長さを調べるには、 strlenという関数を使用します。書き方は次の通りです。 strlen (文字列) たとえば、変数$str に文字列が代入されているときに、その長さを変数$len に代入するには、 $len = strlen ($str) ; とします。 なお strlen関数では文字列の長さはバイト数単位で返されます。
文字列の中から、ある一部分だけを取り出す場合は次のような方法があります。文字だけ取り出す。文字列から 1文字だけ取り出すには、次のように角括弧を使用した書き方になり ます。位置は、文字列の先頭を 0として数え、バイト単位で指定します。 変数$str に abcdeの文字列が代入されている場合、 $str [0] は a 、 $str は b を指します。ただし、角括弧を使用すると配列変数と紛らわしくな るので、 PHP4 では角括弧の代わりに波括弧も使用できます ($str{ O} など)。 substr 関数で取り出す文字列の一部分を取り出すには関数を使用して書き ます。関数を実行すると、取り出された文字列が値として返されます。元の文字列は変更されません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です