php
php
php
Arrow
Arrow

PHP の基本
変数に値を代入します。変数には情報(値)を入れられますが、プログラ ム言語の世界では「変数に値を入れる」ことを「代入Jと呼びます。 PHP では、変数に値を代入するに は=の記号を使用します。 $count = 5; 数値を代入します。 変数に数値を代入するには、 変数名=数; のように書きます。 たとえば、 $count = 5; という文は、 countという名前の変数に5という値を代入することを意味します。 なお、代入を始めとして、スクリプトの 1つひとつの処理単位のことを「文」と呼びます。 PHP では、文の最後にはセミコロン(;)を付けて、次の文との区切りを表します。プログラムの世界では、文字の並びのことを文字列(もじれつ)と呼びます。 たとえば、「山田太郎」は文字列です。 変数に文字列を代入する場合は、その文字列の両端をシングルクォーテーシヨンマーク(,)またはダブルクォーテーションマーク(,,)で囲みます。たとえば、 $username = “山田太郎”; という文は、 $usernameという変数に山田 太郎という文字を代入することを意味します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です